Ninjaキャブの装着

ninja_cab_join_false
キャブのOHもいよいよ終わりに近づいた。
車体に装着する。インシュレータにシリコングリスを吹いて滑りを良くする。アクセルワイヤーを装着するのに迷う。空けと戻しの2本がどっちだか忘れちゃった。キャブをじっくり見て手前が空ける方とする。アクセルグリップを観察。上に来るのが空ける方。分かったら作業開始。ところがこのワイヤーの太鼓が入りにくい。あ、アクセル空けた状態にすれば装着位置が上にくるんだ。
いよいよ本体に押し込む。ひたすら押し込む。いいのか?エアクリーナー側のゴムが変形しまくり。しょうがないよね。
所定の位置に来たらインシュレータに向かって押し込む。上下に揺らしながら押し込む。真っ直ぐ押してるつもりなのに右と左で入り方が違う。結局、後ろからテコの原理で押し込む。
エアクリーナーのゴムを装着。変形しまくってたのがドライバを差し込んで引っ張るうちに元に戻る。キャブを上下に揺すりながら後ろにずらして場所を決める。
インシュレータのバンドはドライバで閉めるだけだから簡単。エアクリーナーボックスのゴムはスプリングバンド。これは外すのも難儀したが付けるのは更に面倒くさい。外側の1番4番はいいが内側の2番3番はどうにもならん。ドライバをコジってずらす。あ、3番のバンドが外れた。ここから地獄が始まるのであった・・・。

Ninjaキャブ掃除

ninja-pailot-jet
年末年始、予想外の空き時間が出来た。当然やりますNinjaキャブ掃除。
今回はいよいよキャブをバラす。
ひっくり返してフロートチャンバーを外す。このネジが大変。固くて柔らかくてどうすりゃいいの?インパクトドライバってのがあればいいのか?そんなのないからドライバの尻をハンマーで叩きながら回す。結局2個なめた。
予想通り汚い。緑色って感じ。真鍮の部品は緑青が出てる。どうなることやら。
メインジェットを外す。真鍮製で柔らかいので慎重に。詰まりもあるが径が大きいので簡単にほじくる。
ニードルジェットルホルダを外す。8mmメガネで慎重に。穴詰まりなし。クリーナーを吹き付けとく。
パイロットジェットを外す。奥まったとこにあるので細めのドライバが必要。手探りで慎重に外す。こいつの詰まりが問題。めっちゃ径が小さいからクリーナー吹いても浸けてもさっぱり。こんなときエアーツールがあればいいのか?コンプレッサ買うのか?困ったときはググる。あったよ、荷札の針金。柔らかい素材には駄目なのかもしれんがしょうがない。何ども突くうちに貫通。
フロート&バルブを外す。ピンをはじくと簡単に抜けた。フロートを引き上げると簡単にバルブも抜けた。固着はないようだが、オーバーフローの原因はここが1番多いらしい。
本体の穴を全部貫通させる必要があるらしい。メイン・スローは問題なし。外せないスタータージェットってのが大詰まり。必殺の荷札針金で突くこと30分?見事に貫通。クリーナーを吹き込むとすぐ下の穴から吹き出した。
後は外回りの掃除かな。